【海外ボランティア】ドイツの島で植林体験!仲間と文化に触れ合う

海外ボランティアへの参加を検討中ですか? 私は大学1年の夏休みに2週間の海外ボランティアを経験しました。このサイトでは海外ボランティアへの参加を迷われている方の参考に、私が参加した時の募集、採用、渡航、初日、仕事、生活、休日、最後の日、帰国後…等について書いてみたいと思います。

*

海外ボランティアの募集と情報収集について

      2016/06/05

■海外ボランティア募集の情報収集について
今でこそインターネットで海外ボランティアの募集が簡単に探すことができますが、私が海外ボランティアをした時はそこまでインターネットは発達していませんでした。
私が海外ボランティアを見つけたのは特に探していたというわけではなく、学校に海外ボランティア機関が募集しに来ていた為その説明会にたまたま参加する事が出来ました。
参加人数はそこまでいなかった為色々質問ができたし、冊子をあらかじめ作ってくれていたので自分のやりたいボランティアを中心に探していました。

検索

今はそういうのをインターネットでやるのでしょうけど、インターネットだと便利な反面詐欺的な機関も存在する気がします。
そこまで高額ではないのですが、やはりネットだけでの情報収集は危険だと思うので、実際会社に行ってみたり、電話で問い合わせすることをおすすめします。

■海外ボランティアの募集要項について
海外ボランティアの募集要項を見るとそこまでシリアスなボランティアを見ることはないと思います。
「シリアスなボランティア」とは、受け取り方が人によって違うと思いますが、例えば東日本大震災の復興などのボランティアはよっぽどの信念がある人じゃないとたどり着かないと思います。

一般的に募集をしている海外ボランティアの場合、必要だけど緊急性を要すると言うのは少ないと思うので(主にクリーンアップ系のボランティアが多かった)、軽い気持ちで「興味があるんですが」と問い合わせてみてもいいと思います。

デッキブラシ

リサイクル分別

■海外ボランティアに参加、親の同意は・・・?
出資者が誰であれ、海外ボランティアをする際に親の同意は重要だと思います。大抵の親は海外に行くということに対して敏感です。
特に女性が行く場合途上国や危険とされている地域に行くことはあまりおすすめしません。自分のお金で行くんだからいいじゃんと思うと思いますが、その一方で心配する親がいる事を覚えておいてください。
なぜ親の反対を押し切ってまで海外ボランティアをするのか、海外ボランティアで何をしたいのか、もし親が反対するのであれば漠然とでなく明確な目的が必要です。
私は親が乗り気だったのですんなり「じゃあ行ってくる」と言ってきましたが、ちょうど9・11の時だったのでやはり心配をかけたと思います。

 - 未分類