【海外ボランティア】ドイツの島で植林体験!仲間と文化に触れ合う

海外ボランティアへの参加を検討中ですか? 私は大学1年の夏休みに2週間の海外ボランティアを経験しました。このサイトでは海外ボランティアへの参加を迷われている方の参考に、私が参加した時の募集、採用、渡航、初日、仕事、生活、休日、最後の日、帰国後…等について書いてみたいと思います。

*

海外ボランティア、危険はないの?

   

■海外ボランティアへ行く上で気をつける事
海外ボランティアへ行く上で気をつけなければいけない事は、はっきり言って事前には分からないでしょう。その土地特有の危険が潜んでいるし、国のルールなどがある上にガイドブック等では危険に関してはあまり書いていないからです。

ガイドブック
私が海外ボランティアとは関係なく実際海外を訪れて思った事ですが、チェコでは店に防犯カメラを置いておらず、マンパワーで犯罪を防ごうと店員が何人もいました。そのため不審な動きをしたら声をかけられたりいきなり怒鳴られたりという事があるかもしれません。
またイタリアではスリが多いので気をつけた方がいいでしょう。
海外ボランティアで事前に気をつけるという点では、国を決めるのを慎重にという事ではないでしょうか。
その他にアドバイスできる事と言ったら財布を二つ以上もち、お金を分散させるという事です。
どっちかを取られても全財産取られるのを免れるというのが目的ですが、海外ボランティアでそこまで危険な目に会う事はまずないと思います。

■海外ボランティアでの危険回避方法
とりあえず慣れるまで団体行動をするか、逃げ込む場所を事前にいくつか目星をつけておく事でしょう。最初は現地人と行動するのがいいかもしれません。
海外ボランティアでは必ずその国のスタッフがいるのでメンバーの誰かはその国の人なので一緒に行動しないまでも、その国の特徴などを事前に聞くといいかもしれません。
危険というのとはちょっと違うかもしれませんが、トラブルにあった時もこの現地スタッフ、メンバーを頼りにするといいと思います。
ボランティアをしに来ていると知ったら暖かく迎えてくれるものなのできっとなんとかなるでしょう。

スタッフ

■海外ボランティアで危険な目にあったら
海外ボランティアで危険な目にあったらリーダーに真っ先に言うといいでしょう。リーダーはおそらく海外ボランティア経験者でさらにその国の人間なので、きっと対処法を見つけてくれるでしょう。
よっぽど困ったら日本のボランティア機関に頼るのもいいですが、自分でトラブル処理をするという意味でもまずは現地で対応してみるのをお勧めします。

世界地図

 - 未分類