【海外ボランティア】ドイツの島で植林体験!仲間と文化に触れ合う

海外ボランティアへの参加を検討中ですか? 私は大学1年の夏休みに2週間の海外ボランティアを経験しました。このサイトでは海外ボランティアへの参加を迷われている方の参考に、私が参加した時の募集、採用、渡航、初日、仕事、生活、休日、最後の日、帰国後…等について書いてみたいと思います。

*

海外ボランティア、希望の国や仕事内容じゃなかったらどうする?

      2016/06/16

第一希望のチェコの城修復ではなく、ドイツの「島」で植林に回された!

私が18歳の頃、ドイツにボランティアを行った時のことです。

当時あるボランティア団体が世界各国のボランティアを募集していました。応募した際、私はチェコの城の修復が第一希望だったのですが、ドイツの植林の方に回されてしまいました。

しかもドイツの「島」です。

 

地球儀のヨーロッパ

 

東フリースランドの中のユースト島…なんて、日本でも知っている人はあまりいないかもしれません。

大学で第二外国語の専攻がドイツ語だった私は、その島の存在をドイツ語教師に聞きましたが、

わからない教師

「ドイツに島があること自体は知っているが、その島の存在は知らない」

と言われてしまいました(笑)。

 

第一希望じゃなかったらどうする?

しかし、私はそれで不安になるどころか、ドイツ留学者でも知らない場所に行くということに少しワクワクしていました。

ボランティアのメンバーは世界中の大学生。ボランティアをしながら英語を学べるなんて最高だと思い(しかもボランティア期間は宿泊費、飲食費がただ)迷わず応募しました。

大学入りたての夏休みだったのでほとんど右も左もわからない状態だったのですが、高校時代ネイティブに英語を習って多少は英語を話せるという自負があったのでなんとかなるだろうとしか思っていませんでした。実際はけっこう大変でしたが…(笑)。

ですが、そのためか、ボランティアは度重なる天候不良にもかかわらず与えられたカリキュラムをこなし、みんな仲良くなることができました。

チェコやドイツに限らず、海外でボランティアをしてみたい。そう考えている人に、海外ボランティアはおすすめの体験です。もちろん希望の国や仕事内容はそれぞれ思っているものがあるとは思いますが、あまり自分の視野にとらわれず経験してみることが一番なのではないでしょうか。私は自分の体験からそう思います。

仲間

 - 未分類